自分の住まいがいくらで売れるか気になりませんか?

売却価格が気になる時ってどんな時かたと考えてみたのですが、もちろん売るという前提で
考えている場合と、今後売るかもしれない、単純に興味があるなどあるかと思います。
具体的に例を挙げてみます

細かく挙げていくと沢山でてきますが、上記のような感じで売る事を考え「いくらくらいで売れるのか?」が
気になってくるかと思います。マンションなどを購入する時に「資産価値が下がらない」などと言われて購入した方は
本当かどうかチェックしてみても良いかもしれませんね。

ではどうすれば知る事ができるかと言うといくつか方法があるので紹介していきます。
ただし、実際に所有している不動産を売った訳ではない事、不動産の価格は売主と買主によって
決まる事、タイミングによっても異なる事なので大体このくらいの価格になるという程度で考えて
おくと良いかと思います。

家の価値を知るための4つの方法

不動産の価値を知るための方法として下記の4つを紹介します。

国土交通省の不動産取引価格情報を使って家の相場を割り出す

国土交通省が不動産取引の情報を一般に公開してくれています。この情報は取引対象者からのアンケートを
もとに公表されています。そのため物件を特定する事はできませんが、エリアや最寄り駅、取引金額、坪単価
などがわかるので、自分の不動産と条件の近いデータを見つける事で相場感覚を掴むことができるでしょう。
また、取引の時期も四半期ごとではありますが載っているので大体この時期であればこれくらいで売れるという
予想を立てたりできて便利かと思います。

土地、土地と建物、中古マンション、農地、林地などの種類を選んで検索できるので用件にあった
物件を探しやすいので便利です。是非利用してみてください。

国土交通省の不動産取引価格情報(土地総合情報システム)

流通機構の成約価格をベースにしたREINS Market Informationを使って相場を確認

(公財)東日本不動産流通機構、(公社)中部圏不動産流通機構、(公社)近畿圏不動産流通機構、
(公社)西日本不動産流通機構の4つの流通機構が保有する物件が実際に売買取引された情報を
検索することが可能です。
(1)と同様に最寄り駅や駅からの徒歩分数などから色んな情報がわかりますが、取引金額は載っていません。
そのため単価(万円/m2)と占有面積から自分で計算して算出する必要があります。

検索機能が充実しているので条件に合う物件を素早く見つける事が可能かと思います。
見つけた物件で条件が近いものを参考に相場を割り出しましょう。

REINS Market Information

(1)と(2)は実際の成約したデータを元に提供されています。
周辺の取引事例が知れるわけなのでとても参考になるかと思います。
価格について十万単位で四捨五入、坪単価も小数点以下で四捨五入していたりすので、
完璧なデータではありませんが相場を掴む上で問題無いかと思います。

大手の不動産情報サイトを利用する

大手の不動産情報サイト(suumo,スマイティ,アットホーム,HOME'S,Yahoo!不動産,不動産なび)を
利用して自分の家の周辺にある売りに出ている物件について調べてみてください。
エリアであったり、徒歩分数、占有面積、間取りなどで条件が近い不動産を探してみましょう。

条件が近い物件があれば一番良いのですが、無い場合は出たデータのな中から大体の相場を
考えてみましょう。上記に大手サイトを紹介していますので複数利用して探してみると良いです。
この情報については実際に成約したデータではありませんが、周辺の売り出し物件の価格を知る事ができます。
売り出し価格は不動産会社と相談のもと決定していると思いますので、あながち間違った価格ではないと思います。

ただし注意が必要なのが売り出し価格が取引価格とは限らないという事。
自分がもし買う立場だったらと考えておきましょう。少しでも安く買いたいのが本音ですよね。
最終的に売主との価格交渉があるのでその際に値引きされることがある事を知っておきましょう。

マンション査定 コツ

マンション売却を後悔しないで高く売るための方法

売却のプロである不動産に価格査定を依頼し、相場、適正価格を探る

(1)(2)(3)の方法については自分で調べることが可能な方法を紹介しました。
次に紹介するのが、不動産のプロに査定を依頼するという方法です。

不動産会社はこれまでに様々な物件を売却してきているはずですので、売却の流れを熟知しています。
そのプロに家の価値を査定してもらうと相場や適正価格をつかめます。

不動産会社に査定を依頼する方法ですが、2通りあります。

・近所の不動産会社に依頼する
・不動産オンライン一括査定サイトを利用する

近所の不動産会社に依頼する
想像しやすいかと思いますが、近隣にある不動産会社に査定を依頼する方法です。 近隣の土地勘などが当然ありますし、これまでの近場での事例も豊富かと思いますので 査定依頼をしてみると良いでしょう。ただし、不動産会社の中には、売却よりも賃貸が得意な会社も ありますので、店舗の窓に売却物件も紹介していたりするかなどチェックしてみましょう。
一度に複数の会社に査定見積もりをお願いできる不動産オンライン一括査定サイトを利用する
近所の不動産会社に査定を依頼するのは悪いことではありません。ただし、1社のみで査定依頼をする事は 現実的ではありません。いくら経験を積んでいる不動産会社であったとしても、同じ査定結果になるとは 限りません。なので3社くらいから査定をとるのが一般的なのです。3社も探すとなるとちょっと手間かと思いますので そんな時はインターネットで査定依頼が可能な不動産一括査定サイトの利用をオススメします。 複数の会社に査定依頼をお願いすることができますので、相場を比較して確認することが可能です。
オンライン査定を利用している場合、複数社に査定依頼をしているというのは、
不動産会社も分かっていますので、 査定価格を相場よりも高く査定してくる場合があります。
なので、査定価格についての根拠・理由は必ず確認しましょう。

今回、家がいくらいくらいで売れるのか?を知るために、相場の確認方法について紹介しました。
紹介した方法は誰でもできる方法ですので、好みの方法で試してみてください。

実際に家を売る場合もはじめに調査を行います。
近隣で同等物件が売り出されていないか?マンションの場合であれば同一マンションの
他の部屋が売りに出されていないか?同じ路線や近いエリアで新築物件が売り出されていないか
など同じように調査をします。相場を知る事が売る事の第一歩なんです。
売る場合も売らない場合もいくらくらいで売れるのかは
確認しておいて損はないので調査しておきましょう。

COPYRIGHT© 2014 あなたの家は売ったらいくら? 相場・適正価格を知る方法 All Rights Reserved.